埼玉において進んだ先が看護学校であった理由

学生の頃から卒業した後に働く現場の実際の雰囲気を知る事ができました

埼玉看護学校 / 大宮医師会看護専門学校-さいたま市

できるだけ早く現場に入って働きたい学生の頃から卒業した後に働く現場の実際の雰囲気を知る事ができました個々の希望に応じて柔軟に働ける場所が選べる

そういった看護学校を卒業した後に最初に働くのが付属の病院であるのは、奨学金制度のみに限らず働きやすさにも直結していました。
専門学校に通学している時はまだ学生という立場ではあるものの実習を行う場所は実際の病院の中なので、学生の頃から卒業した後に働く現場の実際の雰囲気を知る事ができましたし、部屋の場所や物が収納されている場所が早い段階からわかっていたので、働き始めた時には即戦力になれました。
他にも、学生の頃から卒業後に活躍する現場に出入りしていたという事は実際に働き始めた時には既に顔見知りの方が居るという状況だったため、本格的に病院の中で患者さんに対してケアをする場面に直面しても頼もしい安心感がありました。
看護学校を選ぶ時と病院を選ぶ時には、生活をしている場所から近い所に決める事も拘っていた点であり、理由はそれまでの生活は専門的な知識を培う現場にて学びを深めるべく、夜遅くまで試験対策や実習をしていたためです。
学生という事もあって、移動手段は公共交通機関だったので夜が遅い時間になるほど帰宅時の交通手段の運行時間が気になっていたため、気兼ねなくますます成長できるように勉強したり仕事に向き合えるように住んでいる所から近いという点は重要視しました。

春から埼玉の看護学校に入ります❣️#埼玉医療福祉会看護専門学校 #埼玉 #看護学生

— 須藤和可奈 (@wawapanm____) February 11, 2020